玉ネギ 淡路 カルシュウムで充実

🌱玉ネギ 畑のカルシュウム 無使用 カルシュウム追肥 比較

同じ畑なので肥培管理は同じです。右側のウネは濃縮酵素にドブ漬(希釈した溶液に苗を漬ける方法)した物を植えています。 

濃縮酵素液のウネは葉先が枯れていないので葉の枚数も違います。

2月頃の小春日和の時に再度根を強くする目的で使用するのもお勧めです。

一坪に両手1~2杯程度を定着時と収穫40日~45日前(6月収穫なら4月中旬頃)

2回施用。特に肥料が多い方は、畑のカルシウム の多目がお勧めです。

サビ、ベト等の葉に着く病気への予防対策に、カルテックCa液状の葉面散布がお勧めで

す。

ポイントは出る前からの使用。特に家庭菜園で農薬を使いたくない方にはお勧めで

す。

ガスわき その1

大豆の残さ(莢、葉、茎など)がのこりませんか?
ラクト・バチルスで醗酵分解します。株元の太い茎以外はほとんど分解。
春まで経過報告します。
田植え後のガスわき軽減に。

イチゴ

こんにちは カルテックです

篠山は、太陽が顔を出しています

🍓いちご🍓カルシウムで花と果実が変り

カルテックCa液の使用後

🌼花梗は上向きに立ち上がります

さちのか、カルシウム使用↑ (ほぼ8枚以上)

カルシウムが効くと 花びらの多い花が増えて、

実に ソウ果(ゴマ)が適度に多く、肥大・品質も向上します。