玉ネギ 淡路 カルシュウムで充実

🌱玉ネギ 畑のカルシュウム 無使用 カルシュウム追肥 比較

同じ畑なので肥培管理は同じです。右側のウネは濃縮酵素にドブ漬(希釈した溶液に苗を漬ける方法)した物を植えています。 

濃縮酵素液のウネは葉先が枯れていないので葉の枚数も違います。

2月頃の小春日和の時に再度根を強くする目的で使用するのもお勧めです。

一坪に両手1~2杯程度を定着時と収穫40日~45日前(6月収穫なら4月中旬頃)

2回施用。特に肥料が多い方は、畑のカルシウム の多目がお勧めです。

サビ、ベト等の葉に着く病気への予防対策に、カルテックCa液状の葉面散布がお勧めで

す。

ポイントは出る前からの使用。特に家庭菜園で農薬を使いたくない方にはお勧めで

す。

カルテックを今年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。
今年も、農業、農家さんに寄り添い力となれる
カルテックを目指し頑張ってまいります。

カルテック農法がわかるDVDもありますので
お問い合わせください。

にんじん施肥例

こんにちは カルテックです🍂

今日は、🥕ニンジン 畑のカルシウムの使い方

【 基本使用量 】 家庭菜園の場合(一坪当り): 両手一杯

10アールの場合: 60kg(6袋)※肥料は通常通り与えてください。

【特 長 】 健全で丈夫な作物が出来る。味に旨味がでる。作物が植わっていても使える。

石灰の代わりも出来る。

ニンジン施肥例  ←クリック

 

水稲チエックポイント

こんにちはカルテックです。

篠山は、かなり冷え込んできました。

週末の天気予報は雪マークがついています。

 

🍙カルテックではその土地の気候や作物に応じた多種多様な商品を販売しています。

カルテック農法に必要なカルシウム肥料はもちろんのこと、

その他土作りに必要な肥料や検査キットなども販売しております。

カルテックでは商品の販売だけではなく栽培相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください

各地水稲チエックポイントもご覧いただけます

🌿レタスのカルテック栽培🌿 

今日は、一段と寒い篠山です

レタスの施肥例を紹介します。

 

🌿レタスのカルテック栽培🌿  (10アール当り)

時期    方法    資材

土作り  なるべく早い時期に      

ラクトバチルス600g … 排水よく、乾燥しにくい肥沃な土を作ります

堆厩肥1トン以上

硫安 80kg(秋まきの場合は100~120kg)

※もし通常の複合肥料なら、チッソ成分20~25kg

 

整地時  整地・ウネ作り時に全面散布、またはウネ上に散布    

畑のカルシウム (または カルテックCa粒状) 60kg

※土壌pHによって、どちらかを選択してください。

pH5.5以下(特に5.0以下)になると 極端に生育が悪くなります。

pH6.5以上(特に7.0以上)になると ビッグベイン病が増えます。

(もし特に速く生長させたい場合は 硫安20kgを追加します)

 

育苗    散水時に使用    

濃 縮 酵 素 液 1000倍 … 根を強くし、生長を促進

カルテックCa液状 1000倍 … 葉を厚くし、充実させる

4日間隔で交互に、葉の上からタップリ散布します。

 

定植時  定植前後の潅水の時に    

濃 縮 酵 素 液 500倍液 … 初期の根張り促進,病害軽減

 

初期    葉面散布 濃 縮 酵 素 液 500倍液を葉面散布 (根・生長の促進)

前半は特に根の力をつけることが大事です。

★特に生長が弱い場合,スソ枯れ・萎黄病が心配な時は潅水施用。

原液3~10リットルを潅水(300倍前後)

メガデルトン・ネオスリー 800倍で葉面散布(チッソ補給)

肥切れの時に。

カルテックCa液状 500倍 (生育を引締め、葉の病害対策)

チッソ過多,灰色カビ,細菌病が心配な時は、カルシウムを。

潅水    浅根で乾燥に弱いので、潅水を充分にしてください。

濃縮酵素液を2リットル程度(300倍前後)加えると

特に根が強く働いて、生長が進みます。

 

追肥    通常は、 定植後30日、結球前

(作型により調節)

※同時施用可 硫安 20kg 畑のカルシウム(またはカルテックCa粒状)20kg

 

仕上げ  収穫前10日頃、

葉面散布 カルテックCa液状 500倍 

(葉を厚く充実させ、旨味を増し、品質を向上させます)

ガスわき その1

大豆の残さ(莢、葉、茎など)がのこりませんか?
ラクト・バチルスで醗酵分解します。株元の太い茎以外はほとんど分解。
春まで経過報告します。
田植え後のガスわき軽減に。

ミカン 早生品種 完熟出荷

ミカン 早生品種

完熟出荷予定

和歌山県南部にて

関西地域では、夏場の高温、複数回の台風などでかなりの影響がでているそうです。

夏場の高温で、皮が厚く、また着色が良くない(鮮やかなオレンジ色にならない)実も目立つ。また、台風の直撃で実がすれて表皮に傷がついている実も目立った。そこに9月から10月にかけての日照不足で成熟が全体的に遅れています。

こちらの生産者、農園ではカルテック資材をフルセットで使って頂いています。無施肥区と比べると被害は同じようにありましたが糖度でかなり大きな差がでました。

早生品種 カルテック資材無施肥区 普通出荷で糖度8~10度程度でした。完熟出荷で糖度10~12度。

それらと比べてカルテック資材施肥区では12~14度とかなりの糖度です。高温、日照不足の影響で糖度に多少のムラはありましたが収穫まで2週間くらいあるので大体そろってくると思われます。

資材の施肥時期

春先(開花前)に畑のカルシウムカルテックCa粒状も併せて散布。花芽の促進、その後の実の健全化にむけて。

濃縮酵素液を灌水。根の強化、回復に。

カルテックCa液状の葉面散布。作物の健全化、病気の予防に。複数回施用。

収穫予定の45日前にはもう一度畑のカルシウムを施肥。糖度向上、腐れ病気の予防。着色向上に。うき皮の抑制に。

収穫までカルテックCa液状を複数回葉面散布。糖度向上、着色向上にむけて。

白くみえるのは薬ではなく、カルシウムです。雨があたればきれいになります。

カルテック資材で甘くて美味しいミカン栽培です。

収穫後の根の回復に濃縮酵素液、来年にむけての土づくりにラクト・バチルスをお勧めします。

 

根深ネギの施肥例

こんにちは カルテックです🍂

篠山は夕方から雨の予報になっています。
肌の乾燥が半端ないので、雨が降って少し湿度が上がれば…。
 
今日は、根深ネギの施肥例の投稿です。

 

根深ネギのカルテック栽培    (10アール当り)

時期    方法    資材

育苗    苗床の準備

(播種・仮植までに20日以上の間隔をおく)

苗床1アールあたり    

ラクトバチルス    100g  

堆厩肥       200kg 

畑のカルシウム    10kg 

※堆厩肥にチッソが足りない場合は硫安 10㎏を施用します。

散水時

(葉面散布・潅水

濃 縮 酵 素 液 (500)  … 根を強く動かし、生長を促進

カルテックCa液状 (500)  … 茎葉を厚く充実させ、健全な体質を作る

アミノ酸液 (500)          … 肥切れの時に

※本葉3枚の頃、酵素500倍液を葉上からたっぷりとかけて、根の張りを強くします。

※本葉4~5枚の頃、生育状態を見て、アミノ酸液500倍液を散布します。

(または硫安2㎏を施用)

※仮植後、酵素500倍散布で根を張らせます。

※仮植1週間後、アミノ酸液500倍液を散布します。(または硫安2㎏を施用)

※苗が細く、伸びすぎるようなら適宜、カルテックCa液500倍を散布して、親指ほど太い苗にします。

※苗の根が弱い場合には、酵素500倍液を使って根を張らせ、植いたみなく活着させます。

(苗へ散布、または定植後灌水)

本畑の地力作り  

なるべく早い時期に投入し、なるべく深く耕耘します

(定植までに20日以上の間隔をおく)      

ラクトバチルス  600g  …通気・保水・保肥性がよく、深層まで肥沃な土に。

堆厩肥       2トン~   (なるべく多く)  ※前作の茎葉も なるべくスキ込み。

硫 安    100kg (N成分:21kg

畑のカルシウム  60kg

※ケイフンを500kg前後投入する場合は硫安を80kgとして下さい。

※微生物によって地力化し、定植時には土壌EC:0.2以下と抑えられます。

※カリ成分12kg程度は吸収しますが、むしろ堆厩肥によるカリ過剰に注意。

※チッソ多肥になるので 土壌の酸性化に注意。もし土壌pHが極端に酸性(pH:.5以下)なら、

地力作りにも 畑のカルシウムを増量します。

追肥

定植前後

苗のドブ漬け・植付け後 潅水      

濃 縮 酵 素 液 500倍液 … 初期の根張り促進,病害軽減

原則として、初期には肥料を効き過ぎにしないこと。

※チッソを切らせて、根を張らせることが大事です。

定植後45日頃  

ウネ上に散布     硫安 30kg + 畑のカルシウム 30kg

※特に分ケツ・生長を早く進めたい場合は、硫安60kgの追肥とする。

(又は硫安の変わりに乾燥ケイフン500kg前後)

※この間はネギの状態を見て、チッソ(硫安)、畑のカルシウム、カルテックCa液状、酵素で適宜コントロールして下さい。

最終

土寄せ時 ウネ上に散布     硫安 30kg + 畑のカルシウム 30kg

※特に生長・肥大をうながしたい場合は、硫安60kg~80kgとする。

※またネギの充実と品質向上のために畑のカルシウム30kgを同時に施用すると大変効果的です。(またはカルテックCa液葉面散布)

<症状別対策>  

症状    対策

葉先枯れ症状・葉折れ症状  根が弱っているので、酵素500倍の葉面散布か、潅水(半月ごと定期散布が効果的)

葉が軟弱、細い、ベト、

キンカク、腐敗病 カルシウム不足なので、カルテックCa液500倍の葉面散布(半月ごと定期散布が効果的)

サビ病、ボトリチス、疫病  まず、酵素500倍葉面散布、次にカルテックCa液500倍葉面散布

土壌病害・線虫・連作障害  生育途中で酵素300倍潅水・葉面散布

ジャガイモには… 酸性のカルシウム

こんにちは カルテックです🍂

今日は、じゃがいも🥔のお話

 ジャガイモは やや酸性(pH:5.5~6.)を好みます。

ソーカ病対策で低pH(.2以下)が良いとされていて、

.0でも生長しますが、行き過ぎてpH:4.8以下になり、

生育不調で黒アザも多い畑がよく見られます。

酸性すぎる弊害が心配です。

他方、pH:.0~6.8でも(微生物群が活発なら) 生育の良い畑も多い実情です。

カルテックCa粒状を毎作施用していると、自動的にpH:5.8前後になります。

 

       塩水に浸けてみると↓

堆厩肥はラクト・バチルスにより安全に醗酵・分解するので、ソーカ病を多発させません。

過乾燥になり難く、植付け時には土壌EC:0.2以下となります。

※農薬の土壌消毒は 原則として、しません。もし土壌消毒をした場合、肥料分が効き過ぎます。

農薬の毒性が消えた後に、ラクトバチルスを補給して下さい。

 

みかん施肥例

こんにちは カルテックです🍊

 

今日の篠山は、雨がぱらぱら降ってとても寒いです。

 

カルテック栽培 みかんの施肥例です ↓

 

栽培施肥例

ミカン(露地・温州)のカルテック栽培 (10アール当り)

時期    目的    資材と施用法

収穫直後

(または収穫前)  

樹勢・根の早急な回復、ダニ防止     

濃縮酵素液 3~5リットルを適宜薄めて(300倍検討)潅水

もしチッソ切れなら 硫安10~20kgも散布

秋肥(元肥)

(11月上旬)  

1年分の基本となる土作り、樹体の基礎体力を作る栄養供給     

ラクトバチルス 600グラム

堆厩肥(牛糞など) 500kg(多い方が良い)

または 米ヌカ 120kg

硫 安        50kg

※複合有機肥料を使う場合は チッソ成分 10kgとします。

堆厩肥が鶏糞等で、チッソ成分が多い場合、硫安を減らします。

畑のカルシウム    30kg(~80kg

※カルシウムを しっかり効かせて土作りをします。

※露地のミカン園は ほとんど土壌が酸性化しています。pHを測定して 必要な分量の「畑のカルシウム」を施用して下さい。 

※上記4種を同時に施して、浅く耕します(土と軽く混ぜる)

施肥位置は 樹冠の下から先まで、広く均一に散布して下さい。

※秋肥(元肥)の一部は冬前に樹体に効き、大部分は冬期を通じて土壌微生物により醗酵状態にされて、春から吸収されます。

翌春の果実の油胞の数は 秋のカルシウムで増えます。

春肥

(2~3月)    

春の枝葉と、花に栄養分を供給     

硫 安       10kg~20kg

畑のカルシウム   10kg~20kg

※根が動き出す前に、春先からの枝葉と花の栄養を補給します。

※チッソのみが効き過ぎて カルシウムが足りないと、花の受粉・着果・初期の果実形成がうまく行かず、ジョウノウが少なくなります。しっかりカルシウムを効かせて下さい。

※もし秋肥に施用していない場合は、ラクトバチルス等も春施用します。〈秋肥を充分に施した場合は 春肥は少量とします〉

開花・着果期     

果実形成促進    

①開花10日前…カルテックCa液状 500倍 葉面散布

初期細胞肥大    

②着 果 直 後 …濃縮酵素液 500倍 葉面散布

肥大期の

葉面散布 栄養の健全化    

③果実2.cm以後…カルテックCa液状 500

果実肥大、樹勢維持       

④濃縮酵素液 500      

7~14日の間隔で繰返し

葉を厚く、黒点防止       

⑤カルテックCa液状 500      

夏肥(実肥)

(6月)

樹体の栄養バランスを健全化       

硫 安       20kg

畑のカルシウム   20kg (~50kg

※夏へ向っての体力作りと果実肥大のためにはチッソ肥料を与えるのが効果的です。しかし梅雨期にはチッソ過多になりやすいので、カルシウム施用が大事です。今秋の果実の成熟とともに、来春の花の花芽分化のためにも、カルシウムをシッカリ効かせておく必要があります。〈果実の仕上げ段階まで効果があります〉

果実の仕上げ

(収穫30日前) 増糖、着色促進

浮き皮・甲高の防止、腐敗防止      

畑のカルシウム(またはカルテックCa粒状)20~40kg

収穫40日前に散布 〈夏肥にカルシウム施用の場合は少なく〉

カルテックCa液状 500倍

収穫20日前,10日前に葉面散布

 

※年間チッソ施肥量は20kg程度が適切ですから、多すぎる場合は徐々に落して下さい。

カルシウムは 上記の基準から適当に加減して、通常は年間100kg以内とします。

チッソ多肥の場合、バランスをとるため カルシウムの施用量も3~5割増やして下さい。

 

 

カルテック資材使用区

果形良く、皮は薄く、紅色が濃い。浮き皮も無い。

 

一般区

着色はこの程度。

イチゴ

こんにちは カルテックです

篠山は、太陽が顔を出しています

🍓いちご🍓カルシウムで花と果実が変り

カルテックCa液の使用後

🌼花梗は上向きに立ち上がります

さちのか、カルシウム使用↑ (ほぼ8枚以上)

カルシウムが効くと 花びらの多い花が増えて、

実に ソウ果(ゴマ)が適度に多く、肥大・品質も向上します。

根の管理②

 

おはようございます カルテックです🍅

 

トマトの根の続き・・・。

トマト 根を見て、弱った時は #濃縮酵素液

定植後20日たてば、通路中央に掘ってある

穴に、真っ白で毛の多い根が現われます☝

#カルテック

#畑のカルシウム

#カルテックCa

#濃縮酵素

#ラクトバチルス

#農業

#栽培

#おいしい野菜

#カルテック農法

 





根の管理

 

カルテックです。

今日は、カルテック栽培 根について🍅

トマト

定植時から随時、根を見て 管理してみましょう🌿

通路の真ん中に 穴を掘り、覆いをして暗くしておくと、根の張り方が見えます。

カルテック栽培 いちご

こんにちは! カルテックです
今日も、篠山寒い🍂です!

 

カルテック栽培をしていただいている農家さんのイチゴです🍓
カルテック栽培では、果実のソウ果(ゴマ)が多く、肥大、品質も最高です。

おしらせ!

こんにちは! カルテックです。
今週に入って篠山は、寒さが増しています。
そんな寒い中ではありますが
11月は展示会シーズンです(Δ)
カルテックも農機具クボタさんの展示会へ参加させていただいています。
お近くの方は是非いらして下さい(≧▽≦)
 
□京都 クボタ 秋のお客様感謝祭2018
【開催場所】氷室の郷 京都府南丹市八木町氷所赤見21-1
【開催日時】1116() 9301500
        17() 9301300
 
富山 クボタふれあい感謝デーinありそドーム
【 開 催 日 】 1116日(金)・17日(土)
【 開催時間 】 0900 1600
【 開催場所 】 ありそドーム(魚津テクノスポーツドーム)
 富山県魚津市北鬼江 2898-3

 

山口 中四国クボタ秋の大展示会

【 開 催 日 】11月15日~19日までの5日間 きららドームにて

【 開催時間 】9301400

【 開催場所 】きららドーム 山口県山口市阿知須509

 

福岡 福岡九州クボタ2018秋展示会

【 開 催 日 】1116日~20

【 開催時間 】9001430

【 開催場所 】大橋松雄農業機械歴史館福岡県久留米市田主丸町以真恵日渡1481

奈良県 ハウスでのキュウリ栽培 2018年4月17日

 

2018年4月17日

 

前回の訪問から約1か月後の訪問です。

堆肥の投入量が多く若干勢いが弱かったですが、あれから大量の水を流し、その後に濃縮酵素液を2回潅水した。チッソ過多が少し改善し葉色もさめてきた様に思われます。

今年は、3月から4月にかけて高温が続いた為、例年より、初期の収穫量が多かったそうです。

READ MORE

野菜作りで大切な元肥と追肥

連作障害が起こる原因の一つに土壌の養分バランスの崩れがあげられます。作物によって必要となる養分が異なるため、土壌改良や改善を行う必要があります。その際に重要となるのが元肥と追肥による土壌改良です。
野菜や果物などを育てるには水だけでなく、肥料を与える必要があり、元肥と追肥のやり方が重要になります。こちらでは、元肥と追肥の施用や選び方などについてご説明します。

 

READ MORE

堆肥について

作物を元気に育てたいと考えるとき使用するのが、堆肥です。堆肥という言葉は耳にしたことがあるけれど、どのようなものかご存知でしょうか?

 

 

READ MORE

根のしくみを知ろう

植物の体は、部位によりしくみ・役割が異なります。植物を栽培するなら基礎知識として、根のしくみ・役割を知ることがトラブル解決や効率よく栽培するために役立つでしょう。こちらでは、根のしくみについて紹介しています。

 

READ MORE

野菜を栽培する際に知っておきたい連作

栄養豊かで立派な野菜を収穫することが出来ると次も同じ野菜を栽培しようと考えるかと思いますが、栽培方法は同じなのに生育が悪いと感じることがあります。1つの畑に同じ作物を作り続けることは、本来作柄が安定し品質や収量の向上が期待出来るものです。
しかし、生育が悪いと感じる場合は連作障害が原因となっている可能性があります。連作について理解していれば、連作障害を避けることが出来ます。

 

READ MORE

作物の成長に必要な三大栄養素

立派な野菜やおを育てるためにはしっかりと栄養を与えることが大切です。作物の肥料として必要な栄養素は、窒素・リン酸・カリ・カルシウム・マグネシウム・イオウの6つがあり、中でも窒素・リン酸・カリは肥料の三大栄養素と呼ばれ成分表示でも主体となっています。こちらでは、作物の成長に必要な三大栄養素について紹介しています。

 

READ MORE

連作障害におけるカルシウム施用の効果

連作障害の原因の多くは、土壌成分バランスのくずれにあります。とくにトマトなどのナス科植物はカルシウムを多く必要とするため、翌年はカルシウム不足に陥りやすいです。
土壌改良でカルシウム量を増やす際には、土壌改良材の形で土壌に補給することが多いです。
野菜やお米など作物の栽培において、カルシウム施用はとても重要です。こちらでは、カルシウム施用によって茎葉と根、花と実にどのような効果をもたらすのかご説明致します。

 

READ MORE

稲の生長を脅かす病害虫の種類

畑仕事で多い悩みは、作物の病気や害虫被害です。愛情こめて育てた作物を病害虫による被害から守るためには、病害虫の種類を知っておくことも大切です。特徴や原因を把握出来れば、病害虫対策をはじめ連作障害などの対策にも活かせます。こちらでは、生命力の強い稲の病害虫について紹介しています。

 

READ MORE

土作りに欠かせない微生物

農業の基本とも言えるのが、土壌作りです。栄養豊富な野菜や果物を作る場合、ただ植えるだけでなく土壌の栄養状態を考える必要があります。
田畑の土壌改良のように病害にも考慮した土作りをしたいとお考えなら、ぜひカルテックの商品を活用ください。

 

READ MORE

稲作りに欠かせない地力作り

健全な稲を育成させるのに必要なのが、地力です。地力とは、その土地にいかに有機エネルギーを循環させる力があるかということで、農作物を育てられる生産力をさします。

同じ期間栽培するなら、もちろん地力の高い土地の方が品質もよく多くの収穫が見込めます。こちらでは、稲作作りに欠かせない地力作りについて紹介します。

 

READ MORE

有機栽培とは?

植物の成長には、水・二酸化炭素・太陽光・土壌から吸収される無機養分といった資源が必要不可欠です。

しかし、無機養分は土中に無限にあるわけではなく、植物に吸収されることで減少していきます。多くの場合、化学肥料や農薬を使用して減少した無機養分を補い野菜や果物を育てますが、人体だけでなく自然環境にも悪影響を及ぼすことがわかってきました。そこで注目され始めたのが、有機栽培です。

 

READ MORE

作物のカルシウム不足について

あらゆる作物を上手に作るための鍵、それを握っているのはカルシウムです。カルシウムが不足してしまうと、作物の育成不良、品質の劣化、病害の発生なと、様々な被害を招いてしまいます。しかし食生活の豊かな日本では、長年にわたり、カルシウムが不足しがちだといわれております。その理由はなぜでしょうか?

READ MORE

硝酸問題について

肥料成分のなかで、チッソは作物がどんどん吸収するので、過剰になりやすい要素です。チッソがアミノ酸の形態であればよいのですが、硝酸の形態で多量に吸収した場合は様々な問題が発生します。

堆厩肥でも、有機肥料でも、化学肥料でも、もともと有機であっても無機であっても、畑の土の中で硝酸に変わって作物に吸収されるチッソがかなりあるのです。

栽培上、「肥料の効き過ぎ」と言うのは、チッソの効き過ぎ、もっと正確に言えば硝酸の効き過ぎです。硝酸は作物の体内で糖分を消費させ、作物の健康を損ねます。

よくある症状は…

READ MORE

自然と共にある農法を考える

現代の野菜は昔に比べて栄養価が減少しているといわれています。ビタミンCをはじめ、ビタミンAや鉄分、カルシウムなどあらゆる栄養素が低下しています。日本人のカルシウム量は欧米諸国と比べて著しく不足していますが、その大きな原因は土にあると思われます。

READ MORE

家庭菜園のコツ

私たちの身体は口に入れたもので作られています。ここ数年で健康意識が高くなり、化学肥料や農薬に気を使う方も増えています。安心して食べられる野菜を、と考えている人の中には、家庭菜園を始める方もいらっしゃいます。家庭菜園をするときのポイントをご紹介します。

READ MORE

お米の「おいしさ」

『カルテック栽培』は美味しい米を作る方法として拡がってきました。米の品質と美味しさについて、簡単にまとめてみます。

READ MORE

日本の自然のなかの農業

地球を大きな視野で見ると、大陸の土壌は水成岩で、河川も長いので、カルシウムなどのミネラルが多く溶け出し、硬水となっています。それに比べて日本列島は大部分が火成岩からなる島国で、河川も短く、水がキレイなのですが、カルシウムの濃度が不足しています。(ケイ酸は豊富なので、米作りには最適ですが)

READ MORE

土作りの重要性

土は植物を支えています。物理的にもそうですが、栄養的にも根が土壌中の栄養成分を吸収して生長するのです。では、土の中に必要な栄養分を全て揃えて与えておけばよいかと言うと、それでは一時的に栄養が過多となり、栄養バランスも崩すことになります。

健全な土は生きていて、植物の根と微生物群とが共生しています。土壌中の微生物群が活動して、植物に適正な栄養分を持続的に供給することが大切です。

土壌中の微生物群については、下記の点に留意しなければなりません。

READ MORE

日本人とお米の関係

日本は、食に対するこだわりが強い国であり、世界的にも認められている食文化を持っている国です。その中でも大事な食材はお米であり、日本人のソウルフードとも呼ばれています。こちらでは、そんな日本人とお米の関係についてご紹介します。

READ MORE

化学肥料と有機肥料の違い

植物に栄養を与えるためには、肥料が必要不可欠です。肥料の選び方によって野菜の仕上がりに大きな差がでます。肥料には大きく分けて「化学肥料」と「有機肥料」があります。注目を集めている「有機肥料」ですが、何が違うのでしょうか。

READ MORE

地球に優しい農法

カルテックでは、微生物の農業上有用な分類として、下記を掲げています。田圃や畑をよく観察すると、それぞれを見ることができますし、この区別をしっておくことは農業を営む上で極めて大事です。

READ MORE