《カルテック栽培》は、土と作物を、そして日本の農業の根本から考え直しています。

日本の国土と食物にはカルシウムが不足しています。他のどんな成分よりも、まず第一にカルシウム栄養の有効・充分な補給こそが農業の使命です。カルシウムは、人体と同様に植物でも最も大切な栄養素です。これを基本とする農業を30年以上にわたり全国で実施してきたのが《カルテック》です。

農業は土との対話です。さまざまな要因の中でも特に乳酸菌を主体とする微生物を活用した『土作り』によって、根から健全に作る栽培を持続しています。

過剰な肥料で形だけ大きくした農産物は『無機チッソ』(硝酸)の含有量が多く、味や日持ちが悪いうえに、人の健康にも障害を及ぼします。《カルテック栽培》は、つねに硝酸が少ないという特徴があり、環境を汚染することもない農業です。

この結果、《カルテック栽培》では特別な処理など加えずに、カルシウムとミネラル豊富で栄養価の高い米、野菜、果物を作り続けています。

カルシウムの豊富な補給

植物は 多量のカルシウムを 栄養素として吸収することによって 健康に生育し、収穫も安定して高品質になります。品質が問われる農業において 最も重要なのは、NPKなどではなく、カルシウム施肥です。カルシウムは 水溶性で、植物の細胞内にダイレクトに入れるように工夫された製品を使う事が必要です。また土壌と作物の状態に合せて、カルシウム資材をうまく使い分け、生長をコントロールすることが大事です。

根の強さをつねに維持

栽培中には 土を掘り、根を見て 作物の状態を調べて下さい。根を観察して考え、即座に手を打つのが カルテック栽培です。作物の根は 1日で(1夜で)ガラリと様子が変ることがあります。根が変ってから 速くても3日以上、普通7日も経過した後で 葉など地上部が変化します。それから気付いて手当てをしても 葉1枚分(花1段分)は手遅れになります。特に播種・定植後20日間程や、生育ステージ上 大事な時期、また天候が悪いとか、何か心配な時は必ず、3日と間隔をおかずに根を見ることが大切です。

微生物による地力作り

カルシウムやミネラルを活用するためには、土と植物が旺盛な生命力を発揮する事が必要です。肥沃な土を作ってくれる主役は、土壌中に繁殖している微生物群です。微生物資材や醗酵資材を少量投入するだけで、確実に肥沃な土壌を作る事が出来ます。

カルシウムの豊富な補給

植物は 多量のカルシウムを 栄養素として吸収することによって 健康に生育し、収穫も安定して高品質になります。品質が問われる農業において 最も重要なのは、NPKなどではなく、カルシウム施肥です。カルシウムは 水溶性で、植物の細胞内にダイレクトに入れるように工夫された製品を使う事が必要です。また土壌と作物の状態に合せて、カルシウム資材をうまく使い分け、生長をコントロールすることが大事です。

根の強さをつねに維持

栽培中には 土を掘り、根を見て 作物の状態を調べて下さい。根を観察して考え、即座に手を打つのが カルテック栽培です。作物の根は 1日で(1夜で)ガラリと様子が変ることがあります。根が変ってから 速くても3日以上、普通7日も経過した後で 葉など地上部が変化します。それから気付いて手当てをしても 葉1枚分(花1段分)は手遅れになります。特に播種・定植後20日間程や、生育ステージ上 大事な時期、また天候が悪いとか、何か心配な時は必ず、3日と間隔をおかずに根を見ることが大切です。

微生物による地力作り

カルシウムやミネラルを活用するためには、土と植物が旺盛な生命力を発揮する事が必要です。肥沃な土を作ってくれる主役は、土壌中に繁殖している微生物群です。微生物資材や醗酵資材を少量投入するだけで、確実に肥沃な土壌を作る事が出来ます。

土の性質や肥料のバランスは作物の生育に直接の影響力を持ちますから、田畑ごとに化学的状態を把握し、肥料やカルシウムの施し方を調節することが大切です。土壌pHで土のバランスを、土壌ECで肥料の量・濃度を測定して対処すれば、健全・高品質で美味しい野菜・果実を安定して栽培するのに大変役立ちます。

《カルテック栽培》では、前作の後や、これから地力作り・元肥を投入する前はもちろん、むしろ栽培の途中で随時、土を調べてその状態に適当な対処をしたり、追肥をしたりすることを推奨しています。この途中調節はカルテック独自の技術で、畑作につきまとう不安定さを解消し、栽培を確実に成功させるための秘訣です。

土壌のpHを測るための検定液と土壌のECを測定するための測定器が市販されています。これらを使えば、簡単に土壌のpHとECを測ることができます。

※画像クリックで拡大

※表内の「畑カル」、「Ca」、「N」は 【畑カル】⇒【カルテック 畑のカルシウム】、【Ca】⇒【カルテック Ca粒・粉】、【N】⇒【チッソ成分】を意味します。

※土壌pH pHは酸性・アルカリ性の度合を示す数値で、純粋な水は pH=7、「中性」です。pHの数値が 6,5,4,3,…と低くなるのが 「酸性」で、逆に、pHが 7から 8,9,10,11,…と高くなると 「アルカリ性」です。

土壌のpHは6.0~6.5の間(弱酸性)が理想的な状態で、ほとんどの作物が良く生長します。 もしも、これより強い酸性になると、普通の植物は根が疲弊した状態となり、新芽の伸びも悪くなり、 衰弱しやすく、生長が萎縮してしまいます。逆に、土のpHが高すぎると、 作物は細く伸びすぎて充実せず、花が咲かなくなったり、品質が劣悪化したり、 ひどい場合は生長が停滞したりします。

ワラや雑草や作物屑などを(勿体無いことに)燃やしてしまうと、灰になって pH=9.5前後の「強アルカリ性」となります。ある程度以上に多量の灰があると、土中の有機物(腐植)は壊れてしまい、地力が無駄に消耗して無機チッソだけが効きすぎます。

※土壌EC EC(イーシー)とは電気伝導度 Electric Conductivity、つまり電気を通しやすい度合で、水溶液中のイオン濃度を示します。 純粋な水はほぼEC=0で、多くのイオンが溶解しているほどEC値は高くなります。

『土壌EC』は土壌中の肥料濃度(無機イオン濃度)を意味します。露地畑では、肥料成分の内でも 主にチッソ(硝酸)濃度がECに表われ、おおむね硝酸態チッソ5mg/土100g (10アールの土にN=5kg)が EC:0.2に相当します。

ECで見るチッソは無機チッソですが、その元は硫安,肥料,ケイフン,他の厩肥など、有機も含む全てのチッソです。施肥されたり、土壌中で分解し硝酸に変ったりしているチッソを主として、肥料の過不足の判断をするのが ECの診断です。

できるだけ年内に鋤込みます。地力のある田圃なら、カルテックCa粒状は代掻き前に鋤込んでも大丈夫です。

微生物ラクト・バチルス400g
有機物(C)生ワラ必ず全量を戻す
モミガラできれば全量を戻す
堆厩肥
(必須ではありません)
牛フン500kg 迄
鶏フン100kg 迄
窒素(N)硫安10kg
カルシウムカルテックCa粒状20kg

肥料や他の資材は一切使用しません。

・株間はできるだけ広く取りましょう。
・1株の植え込み本数はできるだけ少なくします(2~3本)。
・出穂50日前に分げつ肥をやるまでの間のショボショボで寂しい姿を我慢してください。

早すぎないように注意してください!

分げつ肥硫安5~10kg
・硫安を散布するときは、水を多めに張って散布します。
・この頃20本以上か、または出穂45日前に葉色が濃い場合は、過剰分げつ抑止のため、ラクト・バチルス200gを土に混ぜて畦周りから投入します

決して遅すぎないように!

穂肥尿素 3〜5kg
・尿素を散布するときは、ラクトバチルス100g以内を混ぜて散布するのも効果的。
登熟促進資材カルテックCa粒状20kg
・イモチの心配がある田ではカルテックCa液状の葉面散布も効果的。

※上記はカルテック栽培の米作りの骨子です。

倒伏になりにくく、おいしいお米ができる可能性が高くなります。そのためには当社の資材を使って当社の栽培方法に従っていただく必要があります。

同時に散布して、植付け・種播き迄になるべく長く(20日以上)おきましょう。

微生物ラクト・バチルス600g
有機物(C)堆厩肥(ナマのほうがよい)1トン(以上)
チッソ(N)硫安60kg
(複合肥料の場合)(N成分:12~20kg)
・pH調節: 酸性なら畑のカルシウム、高pH高ECならカルテックCa粒状を60kg。

整地時(植付け前)に全面散布、またはウネ上に散布します。

カルシウム畑のカルシウム (またはカルテックCa粒状)600kg

栽培中に交互散布。生育を速効的に調節します。

根の作用強化・生長の増進濃縮酵素液(根の強化液)葉面散布:500倍
潅水:2~10リットル
潅注:300倍液
充実・健全化・成熟・品質向上カルテックCa液状
・育苗中は1000~500倍で4~7日ごとに交互散布。
・定植時は必ず濃縮酵素液500倍で潅水かドブ漬け、その後20日間は濃縮酵素液で根張り促進。

定植後1ヶ月以降に、月1回ないし2ヶ月に1回ほど追肥。同時施用が特に効果的です。

チッソ追肥硫安20kg
カルシウム追肥畑のカルシウム (またはカルテックCa粒状) 20kg

※畑作に対するカルテック栽培の基本的な考え方は上記のとおりです。 作物別の施肥例については、個別にお問合せください。