こんにちは。カルテックです。

あっという間に9月に入り秋も近づいてきましたね。

夏野菜もぼちぼち終わり、秋野菜の準備がはじまります。

 

土作りもぼちぼち始められる頃でしょうか。

ふかふかの土に植えられることを秋野菜も楽しみにしていると思います^^

 

カルテックの土作りでは必要な物だけを入れていきます。

作物にもよりますが、植付け20日前に

ラクト・バチルス600gと硫安60㎏堆厩肥(稲ワラや籾殻入りの牛糞をイメージ)2トン以上を畑に鋤き込みます。

堆厩肥にも色々種類があるので、その性質に合わせて使用量は増減して下さい。

堆厩肥で一番注意する事は木クズが入っていないかです。木クズが入っていると、チッソ飢餓を起こす可能性が高くなります。また根に害のある有機酸が出る可能性もあります。

そして、原則リン酸やカリの入った化成肥料は投入しません。

有機物を醗酵分解することで有機物に含まれるリン酸やカリを吸収しやすい形で供給します。

ただ、流亡が多いチッソだけは硫安等の人間の知恵を使う方法です。

実はこの方法が一番土に残留という負担を掛けずに永続的に続けやすくなる秘訣でもあります。

リン酸やカリは一般に(特別な化学物質を除いて)ガスにはならないので、土壌に残りやすいのですが、チッソはガス(気体)になって失う成分です。

分かりやすい事例として、ホームセンターで生に近い鶏糞と醗酵鶏糞でチッソ成分が違うのが確認出来ると思います。

醗酵鶏糞はチッソが少なくなります。

 

その他、ご注意いただきたいのは

石灰、苦土石灰、カキ・貝殻等の殺菌力のある物や残留する資材は施用しないことと

ラクト・バチルス菌は、紫外線に弱いので、散布後は速やかに鋤きこんでいただくことです。

 

植付け前にはカルテック畑のカルシウム60㎏を施用されることをおススメします。

 

高価な化成肥料も、高い有機肥料も、徒長の心配も、臭いの心配も、残渣物の持出しも、ボカシ肥作りの切り返しも、ぜ~んぶいらない土作り

 

試してみてくださいね♡

刈取りのタイミング

こんにちは。カルテックです。

お天気の悪い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

カルテック農法の稲づくりでは倒伏の心配が少ないと思うのですが、

皆さん今年はどうですか?

今年は稲の刈り取りの時期の判断が難しくなりそうですね。

 

慣行栽培では出穂から40~50日して、穂が先端から2/3ほど黄化したら

適期を逃さないように刈取りをするのが一般的だと思います。

それは穂が一番上から色付き、下の方まで色付くのに時間の差が発生するからです。

この時穂の先の米粒と穂の下の米粒では登熟時期に日数の差が出てきます。

すると穂の先の米粒が過乾燥になり、胴割れが起きやすくなります。

この現象は、晴天・高温が続くと適期は早くなり、

刈取りが遅れる事でも発生しやすくなります。

逆に曇天・低温では適期は遅くなり、刈取りが早すぎると青米が多くなります。

 

これに対してカルテック農法の米は穂の先と穂の下の登熟時期の差が小さいのが特徴なので、

刈り取りのタイミングとしては出来るだけ下の枝梗が茶色くなるまで待ってみて下さい。

緑色のうちはまだ頑張って米粒を大きくしようと養分を送り続けています。

出来るだけ充実したお米を収穫するチャレンジをしてみて下さい。

但し、ケースバイケースなので、害虫・害獣・天候等状況に応じての判断は忘れずに。

 

『カルテック農法』の籾は皮が薄く、籾殻が少なく感じる方も多いかもしれません。

一見した以上に玄米の収量があることが多いです。

また成熟遅れの青米が少なく、揃って登熟するので屑米もわずかしか出ません。

 

この違いをご体感いただけたら嬉しいです。

早くお天気が戻りますように☆

お米をおいしくする秘訣♪

こんにちは。カルテックです。

稲はいつ頃出穂されましたでしょうか。

「出穂日」とは、わずかでも穂が出た茎が全茎数の半分(40~50%)に達した日とされています。

 

出穂以降も実はお米の品質や食味を良くする秘訣があります♪

A カルテックCa液状

(チッソ過多・イモチが心配なとき、登熟を促進する場合にも)

B アミノ酸液

(食味を落とさずあと一押しの肥料が欲しいとき。粒張りをよくしたい場合にも)

のどちらかを500倍に薄めて葉面散布します。できれば1反あたり水量100~150ℓを使うつもりで葉面散布してみて下さい。

 

日中の開花期は避け、午後の開花が終わった後に施用してくださいね。

迷ったら両方あげていただいてもOKです。

収穫までまだ日数があります。この間にも天候の具合で肥料切れや日照不足といった現象への対応が必要になるかもしれませんね。その時には是非参考にしてみて下さい。

 

 

根を深く強く張らせるカルテック農法は他の栽培と比べて高温障害に強い傾向にありますが、出来れば水管理もして更に高温障害が出にくい条件をそろえましょう。

水管理での高温障害対策として、開花以後は間断灌水等で出来るだけ夜と昼の寒暖の差を作るようにしてくださいね。

浅水で水をためっぱなしにすると、水が少ないため簡単にお湯になり夜も田圃の温度が下がらず、高温障害が出やすくなります。夜は冷たい水を引き込めれば良いのですが、出来ない場合は落水して濡れている地面の気化熱で冷やす方法もあります。

つまりデンプンを作る光合成に水は欲しいのですが、夜に熱い水を溜めておかない事が大事になります。そこで走水で管理するという方法もあります。

特に収穫前はコンバインが入れるように走水での管理が良いかもしれませんね。

 

収穫までもう一息ですね。

高温に台風、心配事も多いですが、最後にひと手間加えておいしいお米を堪能しましょう♪

こんにちは。カルテックです。

 

出穂日が近づいてきましたね。

カルシウムとミネラルが必要な時期になりました。

登熟を進め、整粒歩合と食味を上げ、イモチ病を抑えるために

出穂・開花の前にカルシウムとミネラルをたっぷり吸収させてあげましょう。

この時期にカルテックCa粒状を散布すると美味しい米作りの決め手になります!

 

ぜひ穂肥から2週間後、出穂10日前頃にカルテックCa粒状を施してくださいね。

もしチッソ過多や葉イモチ病が見られた場合は、それ以前でも早めに施用してください。

 

通常、1反あたりカルテックCa粒状の施用量は20㎏ですが

もし穂肥が効きすぎてチッソ過多の場合(葉色版で5番以上)は30~40㎏に増量します。

その場合は一回で散布するよりも、出穂10日前と3日前というように2回に分けて施した方が効果的です。

 

更に、カルテックCa液状を500倍に薄めて葉面散布をすると、チッソ過多やイモチ病の発生はかなり抑えることができます。

葉色はさめてくるのが正常ですから、出穂前後~開花期に葉色が黄色くても、チッソ肥料を施すようなことは決してしないでくださいね。

 

最後のひと仕上げ!おいしいお米になりますように☆

穂肥は遅れないように☆

こんにちは。カルテックです。

皆さん、出穂日はいつ頃でしょうか

出穂の25日前までに『穂肥』を施してくださいね。

出穂25日前は幼穂形成期になります。

この時にチッソを効かせて穂を充実させ、収量を確保するために大切な肥料です。

 

元肥を入れて草丈が高くなる慣行農法では倒伏すると困るので、

穂肥は出穂18日前頃ということになっていますが、

カルテック農法の場合は、1週間早いことにご注意ください。

カルテック農法で初期に窒素肥料を効かせず、じっくりと作ってきた稲では

穂肥を出穂30日~25日前に施しても下位節間が伸びず

(初期に伸びる要素をつくらないため、チッソが効いても伸ばす事が出来ない)

代わりに穂と上位の葉(止め葉・第2葉)が伸びるので、

安心してこの時期に穂肥を与えられます。

しかし慣行農法で初期に窒素が効いていた場合は、

出穂25日前の穂肥は早すぎて下位節間が伸び

(初期に伸びる要素を作っているため、伸びる時期にチッソが効くと伸びる)

倒伏の原因となります。

 

収穫時の米の品質を考えると、窒素を効かせてよいのは出穂25日前までです。

もしこの後に窒素肥料を与えると米に窒素(タンパク質)が残り食味が低下しますので、

穂肥は必ず遅れないように与えてください。

カルテック農法の場合は出穂25日前より早く穂肥を与えても問題はありません。

 

穂肥には、必ず尿素を使ってください。

尿素は土に吸着されず浸透性があるので、

深い根から吸収されて穂を充実させる働きがあります。

硫安などのアンモニア(陽イオン)は土に吸着されて上根で吸収されるので、

穂よりも葉や節間を伸ばすほうに効きやすくなります。

 

量は通常倒伏しやすいコシヒカリは1反あたり4㎏ですが、

稲の葉色が濃い場合は尿素を減らしたり、ラクトバチルスを足して調節してあげてくださいね。

倒伏し難い他の品種では尿素を3割程度多く施用するのが一般的です。

但し、こちらも葉の色で尿素の量を増減して下さいね。

 

穂肥は遅れないように!

美味しいお米を作るための大切なポイントです☆

10日後

こんにちは。カルテックです。

先日ご紹介した岩津ネギ

10日経って、植え痛みなく活着しています♪

成長が楽しみです。

定植のときには

こんにちは。カルテックです。

ネギの定植の時期になってきましたね。

 

定植前後には濃縮酵素をたっぷりあげてみてください。

植え痛みが無くしっかりと根付いて、速やかに成長を開始します。

 

植え付け前に濃縮酵素を500倍に薄めてどぶ漬けにして

植え付けた後に灌水してあげるのがおススメです。

 

ポイントは初期のころに肥料を効かせすぎないこと

窒素を極力抑えてネギにチッソを求めさせて根を張らせることが大切です。

 

広々とした畑に移ってネギも気持ちよさそうですね。

このまますくすくと育ちますように☆

アミノ酸液の効果

こんにちは。カルテックです。

本日も岩津ネギの写真をお届けします。

 

いつもお世話になっている農家さん

カルテックCa液状をしっかり施肥していただいておりますが

肥切れになってしまっていたようです。

 

そこで、濃縮酵素とアミノ酸液をご散布いただいた結果が写真右

葉が光沢のある鮮やかな緑色(どす黒くなっていないところが大事)になりました!

 

濃縮酵素を灌水して根を回復してからの

100%有機物の海藻エキス入りアミノ酸、栄養たっぷりのアミノ酸液☆

 

無機質チッソ肥料を与えると、無機質チッソを体内で有機物に合成するためにエネルギー

(今まで貯蓄していたデンプンや糖分)を必要とします。

そのため、無機質チッソを吸収すると逆に体力が落ちたり

(デンプンや糖度が減り、逆に硝酸の苦みも増える)、

体内に合成しきれずに硝酸態チッソ等をため込み、

軟弱になったところで病気や虫の寄付きを誘発してしまいます。

その点アミノ酸は初めから有機物であるため高い合成エネルギーを必要とせず、

素早く体内で同化されやすく(細胞の一部になりやすい)、作物の体力を落としません。

濃縮酵素とアミノ酸液を両者とも500倍に薄め混用すると強い効果があります。

 

もうすぐ定植の時期ですね。

ネギにしっかりと体力をつけてからの植え付けがおススメです。

苗の取り上げ時にカルテックCa液状の葉面散布で取り上げてから定植までの萎れに強くなります。

併せて試してみて下さいね。

岩津ネギ

こんにちは。カルテックです。

 

日本三大ネギのひとつ、岩津ネギはご存知でしょうか。

兵庫県朝来市で作られる白ネギと青ネギの中間種で

葉の先から白根まで余すところなく食べられる

柔らかくておいしいネギです。

 

4月に種まきした苗、定植までもう少し。

岩津ネギに限らず他の品種のネギも育苗中は、濃縮酵素液とカルテックCa液状を500~1000倍に薄めて

7~14日間隔で交互に葉の上からたっぷりとかけてあげてくださいね。

 

濃縮酵素液は根を強く、生長を促進し

カルテックCa液状は葉の内側のスポンジを厚くして糖度を高くしてくれます。

 

定植のときには濃縮酵素液を500倍に薄めてご灌水ください。

初期の根張り促進や病害の軽減になります。

 

特に今からは梅雨の時期に入りますから根腐れ・徒長・べと病等の予防対策として定植後も濃縮酵素液とカルテックCa液の交互施用を定期的にしてみて下さい。

しっかりと根を張らせて、

これからの暑さにも負けないよう強いネギにしてあげてくださいね。

 

分げつ肥

こんにちは。カルテックです。

田植えが終わりほっと一息…

と思ったら、あっという間に1カ月近く経ちましたね。

 

周りの田圃と比べて寂しい姿だと思いますが、我慢できていますか?

今は元肥無しでジワジワと地味に出てくる地力だけで育てているので、

その栄養分を求めて根が力強く伸びていき、

根を張る方に力を注いでいるので丈が短く寂しい姿に見えています。

しかし、この力強く張っている根が異常気象にも強い稲に育ててくれます。

根だけに根性を付けている段階です。

もし心配なら一株抜いてみて根が張っているかチェックしてみて下さい。

根が張っている様であればバッチリです。

 

さて、皆様の出穂予測日はいつになるでしょうか。

出穂日とは田んぼ全体を見渡して4~5割程穂が出たときになります。

茎からチョットしか穂が出ていないきわどい物も出ているとカウントして下さいね。

 

出穂予測日から逆算して50日前に、

最高分げつ期に向かって必要量が急増する窒素を補給して、

充実した有効茎(穂)を確保するために『分げつ肥』として硫安を施用します。

注意点としては早めに施用しない事です。

早めに施用するとコシヒカリや山田錦の様な倒伏しやすい品種は丈が伸びやすくなります。

わざと遅らせるつもりで施用してみて下さい。

 

分げつ肥えは絶対に必要な追肥ではありません。

葉色が濃い場合は肥料がある証拠ですから慌てなくても大丈夫です。

葉色の目安は葉色版で3番ぐらいになります。

お持ちでない場合は畔草の明るい若葉の色を目安にしてください。

それよりも濃い場合は肥料が効いています。

分げつを進めるには新しい茎が水没しない様に浅水管理にしてみて下さい。

 

逆に過剰に茎が増えると無効分げつが増えて、お互いが光を殺し合い、

収穫に近づくにつれ株が小さくなっていき、小米になったりクズ米が増えてしまいます。

最終的な穂数は坪当たり1000~1200本(平米300~370本)あれば充分ですから、

坪50株植えなら1株20~24本、坪60株植えなら1株17~20本でよいことになります。

目標とする1株穂数(有効茎数)を23本とすれば、この有効分げつを確保して、

それ以上の無効分げつが少なく、のびのびと23本の茎が太く、穂が大きく充実するのが良いわけです。

 

通常この分げつ肥えの時期には、7葉期に当たるので最初の1本が分げつして4本になっています。

(4本目はまだ細いですが…)

1株3本植えだった場合は12本あり、1反あたり硫安10㎏を施すのが標準です。

 

 

分げつ肥は地力を補うものです。『カルテック農法』で3年以上経過し、

地力が大きくなった田んぼでは、分げつ肥は不要な場合もかなりあります。

 

田んぼと相談して(葉色と地力を考え合わせて)、分げつ肥の量を決めてくださいね。

注意点としては余り分げつ肥えを多く入れると、

この後の穂肥(穂を大きくする追肥)があまり施用出来なくなります。

穂肥を施用できるように抑え気味にするのがお勧めです。