カルテック農法講習会

カルテック農法講習会
穂肥編
天候にも恵まれ多数の農家様に
来場いただきました。

#カルテック農法講習会

#穂肥編

にんじん施肥例

こんにちは カルテックです🍂

今日は、🥕ニンジン 畑のカルシウムの使い方

【 基本使用量 】 家庭菜園の場合(一坪当り): 両手一杯

10アールの場合: 60kg(6袋)※肥料は通常通り与えてください。

【特 長 】 健全で丈夫な作物が出来る。味に旨味がでる。作物が植わっていても使える。

石灰の代わりも出来る。

ニンジン施肥例  ←クリック

 

根深ネギの施肥例

こんにちは カルテックです🍂

篠山は夕方から雨の予報になっています。
肌の乾燥が半端ないので、雨が降って少し湿度が上がれば…。
 
今日は、根深ネギの施肥例の投稿です。

 

根深ネギのカルテック栽培    (10アール当り)

時期    方法    資材

育苗    苗床の準備

(播種・仮植までに20日以上の間隔をおく)

苗床1アールあたり    

ラクトバチルス    100g  

堆厩肥       200kg 

畑のカルシウム    10kg 

※堆厩肥にチッソが足りない場合は硫安 10㎏を施用します。

散水時

(葉面散布・潅水

濃 縮 酵 素 液 (500)  … 根を強く動かし、生長を促進

カルテックCa液状 (500)  … 茎葉を厚く充実させ、健全な体質を作る

アミノ酸液 (500)          … 肥切れの時に

※本葉3枚の頃、酵素500倍液を葉上からたっぷりとかけて、根の張りを強くします。

※本葉4~5枚の頃、生育状態を見て、アミノ酸液500倍液を散布します。

(または硫安2㎏を施用)

※仮植後、酵素500倍散布で根を張らせます。

※仮植1週間後、アミノ酸液500倍液を散布します。(または硫安2㎏を施用)

※苗が細く、伸びすぎるようなら適宜、カルテックCa液500倍を散布して、親指ほど太い苗にします。

※苗の根が弱い場合には、酵素500倍液を使って根を張らせ、植いたみなく活着させます。

(苗へ散布、または定植後灌水)

本畑の地力作り  

なるべく早い時期に投入し、なるべく深く耕耘します

(定植までに20日以上の間隔をおく)      

ラクトバチルス  600g  …通気・保水・保肥性がよく、深層まで肥沃な土に。

堆厩肥       2トン~   (なるべく多く)  ※前作の茎葉も なるべくスキ込み。

硫 安    100kg (N成分:21kg

畑のカルシウム  60kg

※ケイフンを500kg前後投入する場合は硫安を80kgとして下さい。

※微生物によって地力化し、定植時には土壌EC:0.2以下と抑えられます。

※カリ成分12kg程度は吸収しますが、むしろ堆厩肥によるカリ過剰に注意。

※チッソ多肥になるので 土壌の酸性化に注意。もし土壌pHが極端に酸性(pH:.5以下)なら、

地力作りにも 畑のカルシウムを増量します。

追肥

定植前後

苗のドブ漬け・植付け後 潅水      

濃 縮 酵 素 液 500倍液 … 初期の根張り促進,病害軽減

原則として、初期には肥料を効き過ぎにしないこと。

※チッソを切らせて、根を張らせることが大事です。

定植後45日頃  

ウネ上に散布     硫安 30kg + 畑のカルシウム 30kg

※特に分ケツ・生長を早く進めたい場合は、硫安60kgの追肥とする。

(又は硫安の変わりに乾燥ケイフン500kg前後)

※この間はネギの状態を見て、チッソ(硫安)、畑のカルシウム、カルテックCa液状、酵素で適宜コントロールして下さい。

最終

土寄せ時 ウネ上に散布     硫安 30kg + 畑のカルシウム 30kg

※特に生長・肥大をうながしたい場合は、硫安60kg~80kgとする。

※またネギの充実と品質向上のために畑のカルシウム30kgを同時に施用すると大変効果的です。(またはカルテックCa液葉面散布)

<症状別対策>  

症状    対策

葉先枯れ症状・葉折れ症状  根が弱っているので、酵素500倍の葉面散布か、潅水(半月ごと定期散布が効果的)

葉が軟弱、細い、ベト、

キンカク、腐敗病 カルシウム不足なので、カルテックCa液500倍の葉面散布(半月ごと定期散布が効果的)

サビ病、ボトリチス、疫病  まず、酵素500倍葉面散布、次にカルテックCa液500倍葉面散布

土壌病害・線虫・連作障害  生育途中で酵素300倍潅水・葉面散布