和歌山

品種田植え出穂50日前出穂30日前〜25日前出穂10日前出穂
コシヒカリ05/01〜05/0306/03以降06/28までに07/1307/23
05/10〜05/1206/06以降07/01までに07/1607/26
05/20〜05/2206/09以降07/04までに07/1907/29
キヌヒカリ05/01〜05/0306/03以降06/28までに07/1307/23
05/10〜05/1206/06以降07/01までに07/1607/26
05/20〜05/2206/09以降07/04までに07/1907/29
きぬむすめ06/10〜06/1206/30以降07/25までに08/0908/19
06/20〜06/2207/03以降07/28までに08/1208/22
ヒノヒカリ06/10〜06/1207/05以降07/30までに08/1408/24
06/20〜06/2207/08以降08/02までに08/1708/27

できるだけ年内に鋤込みます。地力のある田圃なら、カルテックCa粒状は代掻き前に鋤込んでも大丈夫です。

微生物ラクト・バチルス400g
有機物(C)生ワラ必ず全量を戻す
モミガラできれば全量を戻す
堆厩肥
(必須ではありません)
牛フン500kg 迄
鶏フン100kg 迄
窒素(N)硫安10kg
カルシウムカルテックCa粒状20kg

肥料や他の資材は一切使用しません。

・株間はできるだけ広く取りましょう。
・1株の植え込み本数はできるだけ少なくします(2~3本)。
・出穂50日前に分げつ肥をやるまでの間のショボショボで寂しい姿を我慢してください。

早すぎないように注意してください!

分げつ肥硫安5~10kg
・硫安を散布するときは、水を多めに張って散布します。
・この頃20本以上か、または出穂45日前に葉色が濃い場合は、過剰分げつ抑止のため、ラクト・バチルス200gを土に混ぜて畦周りから投入します

決して遅すぎないように!

穂肥尿素 3〜5kg
・尿素を散布するときは、ラクトバチルス100g以内を混ぜて散布するのも効果的。
登熟促進資材カルテックCa粒状20kg
・イモチの心配がある田ではカルテックCa液状の葉面散布も効果的。

※上記はカルテック栽培の米作りの骨子です。

倒伏になりにくく、おいしいお米ができる可能性が高くなります。そのためには当社の資材を使って当社の栽培方法に従っていただく必要があります。